第十話~なぜネットワークのリーダーは儲かっているはずなのにお茶代さえ奢らないのか?

本当に儲かっているのか?

と疑問に思ったことはありませんか?
皆さんは儲かっているはずのトップリーダーが何故、ファミレスのお茶代すら一回も払わないのかを疑問に思った事はありませんか?

ネットワークビジネスに参加した事のある方はその違和感にすぐに気付くのです。でもそのビジネスに嵌って行ったあなたは、その違和感を忘れて、社会の非常識がネットワークビジネスの常識であるという事実に目を背けてしまうのです。

私は思います。
お茶さえお金を出さない、常に割り勘の人間が成功者であるはずはありません。

絶対に儲かっていないと思いますよ!w

だって儲かっていたら普通に出すでしょ?

成功者と言うのは、自分には厳しく、時にケチと見られる人も多くみられます。彼らの多くは倹約家であり、物や人を大切にする人たちなのです。逆に人にはお金を惜しげもなく出します。
時には自分が困っていても人には施すのです。成功者はその行為が自分に返って来るのを知っているからなのです。

私は昔から多くの人に伝えて来ました。

ネットワーカーの収入は本人が言っている金額の半分の8掛けであると。

ネットワーカーたちが自分で言っている収入を合計すると、その会社の売り上げを超えてしまうなんてざらにあります。

良く注意をして、その人が儲かっているかを調べる必要があると思います。

例えば100万円をコミッションとして取っているリーダーがいたとします。

毎日ABCで全国を飛び回っています。大阪、九州、福岡と飛び回ったとしますね。

ABCと言う業界用語を
あなたは知っていますか?

Aはアドバイザー、
プレゼンテーションをするリーダーです。
Bは橋渡しをする皆さんであり、これをブリッジと呼びます。 
Cはクライアント。 つまりはゲストさんを指します。

このABCと言う、手法を使って人を勧誘するリクルート活動を、1日3回したとします。

その中であなたにホテルでお茶を奢ったと仮定しましょう。

単価は一人800円。でホテルでの宿泊代10,000円で計算します。多くのトップリーダーと言われる方は、大きな荷物を抱えて全国をセミナーや、このABCで飛び回っていますから。

一回2,400円/3人分×3回×20日間=144,000円

交通費は諸々含めて大阪東京をざっくり新幹線で片道2万円として 2万×4=80,000円
ホテル宿泊費=200,000円

通常の交通費を1日3,500円として
20日間=70,000円
会食、アフターなど 
2,000円平均で20日間=40,000円
これだけでしめて534,000円もかかります。

決して贅沢には動いた数字ではありません。
むしろかなり節約コースでの計算であり、まさか成功者の行動とはとても思えないものです。

これに携帯電話など通信費、それに関わる機器などのレンタルやリース、服に車に住宅費用に・・・ それに所得には税金もかかるのです。

もし100万円取っているなどと言うのは真赤な嘘であり、私の話の通り言っている金額の半分かける8掛けであれば?
本当は50万円しか所得は無かったとしたらいかがですか?

死にますね!間違いなく・・・(笑)

皆さんに奢れない理由

皆さんに奢れない理由がなんとなくはわかって頂けた事だと思います。ビジネスはしっかりと計算で成り立たないといけません。計算で成り立たないものは、どれだけ 頑張っても、それは無駄に終わります。

だから

セミナーやABCで人に会う事や、全国を回ったり、毎日、お茶や アフターや人脈作りのバーベキューや飲み会を 絶対してはいけないのです。

ビジネスはいかに所得を増やして
経費を抑えて黒字を増やし、資産を形成出来るかなのです。

その様な見せ掛けの無謀なビジネスをしていると遅かれ早かれ破産してしまいます。

だからあなたの憧れるリーダーの真実の姿は借金まみれで、家の一つも所持していない逃げ回っている可能性も高いのです。その様な人の自宅に遊びに行けばすぐに化けの皮は剥がれますから。

これは実話ですが、ホームレス成功塾などといい、法律違反のブラインド勧誘で人集めている人。

この人はホームレスから成り上がったと言いながらメラルーカ の勧誘w

全く儲かっていません。
20年前の源泉徴収や、その当時乗っていた車の写真などなど
痛々しいアピール

家に遊びに行けばわかりますよ!w

こんな事が横行しており、成功者なはずなのにあなたから、あの手この手でお金を搾り取ろうとしてきます。

zoomなどのネットセミナーなのに、セミナー代がかかり、様々な有料セミナーのお誘いがやってきます。そのセミナーの講師は全く実績もなく、このインターネットの世界では時代錯誤の通用しないものしかありません。

これに自己啓発セミナーなど高額セミナーや合宿などが有りましたら、それはもう悲惨です。

そんな事をしているくらいであればあなたは、その様なビジネスをするではなく、即時にコストのかかるビジネスから足を洗い、パートにでも行っていた方がどれだけ豊かになれるのかを
想像して下さい。

あなたは騙されているのです

それにノルマのために買い込む。
もう悲惨を通り越えてバカです。

ビジネスは手段です。
決して目的ではありません。

あなたやリーダーが、そのビジネスでいくらタイトルを取っていてもそれは世間で通用するものでは有りません。

朝から晩まで走り回るネットワークビジネスはもう時代遅れなのです。絶対に儲かる事は有りません。

今はコロナショックにより、自宅にいる人も多いかも知れません。アフターコロナでは、元に戻ると多くの方が信じているのです。

しかし本当に元の世界に戻れるのでしょうか?
私はそうは思いません。

TSUTAYAでDVDやブルーレイをレンタルしていた人が、Amazon primeはNetflixに変わったとしましょう。その人は再度、TSUTAYAに戻りますか?

あり得ない事です。

時代は先に進んだのです
時代が巻き戻される事はありません

人々は二度とリアルでリストアップをして、お茶をして、一生懸命話をして、興味付けをする。それを何度も、何日も、そしてコストをかけてリーダーに繋げる。
さらに、セミナーにアフターに飲み会にバーベキュー。
その様な身の丈に合わないコストのかかる化石型のビジネスが社会に認められますか?

リアルネットワーカーが苦し紛れにzoomセミナーを開催しています。ネットノウハウが無い人間がリアルでやっている事をzoomセミナーにするだけ。これが上手く行くと思いますか?

何の実績もなく、何も教えることは出来ません。今までやってきたセミナーをzoomでやっているだけ。

これでは何の課題解決にもならないのです。

気付いて下さい。
あなたが感じた違和感を信用すべきなのです。

今は自宅で勧誘する事なくビジネスができる時代です。

セミナーなどに行かなくとも自宅で多くの勉強が出来る時代です。しかもコストを全くかける事をなく、それなら可能な時代なのです。

その様な時代錯誤化石型のリーダーについて行っても不幸が待っているだけで、何も得る事はできません。

そう思いませんか?
そして皆さんにトップリーダーが奢ってくれない真実がもう一つあります。

トップリーダーは
皆さんの事をお客様だとは思っていないのです。私は、このネットワークビジネス業界のダウンラインと言う言い方が大嫌いです。

私たち収入を得ているリーダー達は、グループの皆様のお陰で収入を得る事ができて生活やビジネスが成り立っているのです。

つまりはグループのメンバーの皆様はお客様だと思うのです。

まさか自分の会社の従業員ではありません。

何故ならば、給料を払っているわけではなく、
逆に頂いている身分なのです。

それにも関わらず、師匠弟子の様に呼ばせて、荷物は持たすはボランティアに駆り出すわ、セミナーでお金は吸い上げるわ・・・・
言い出したらキリがありません。

あなたは本来は間違いなくリーダーにとってのお客様です。

お客様がわざわざセッティングして下さり、新規のお客様を連れてきて頂いた。本来これは感謝をすべき事であり時間を頂けた事は感謝を込めてお茶くらい御馳走するのは当たり前だと思いませんか?

そのお茶代すら捻出出来ない利益率の薄い、コストのかかるビジネスだとしたら、それはビジネスモデルとして破綻していると考えるべきです。

お客様がわざわざ交通費をかけて、その場所まで来てくれて、こちらの都合の話を何時間も聞いてくれた訳ですから。

そしてコロナショックにより、セミナーが出来なくなりました。元へは戻らない先に進んだ現在。zoomなどネットを活用した輩が続出しております。これは良い事だとは私個人的には思うのですが、コストのほぼかからないネットにおいて多くのリーダーと言われる何の実績も成果もスキルもない一般人がお客様から、セミナー料金を搾取する例が増えています。

かっきーギリギリTV

狂っているリーダーの考え方

この搾取される代金は一体何の費用でしょうか?オンラインサロンだとかコミュニティの運営だとか、それらしい事を言いますが、コストはほぼ掛かっていないのです。

それなのに、お客様であるあなたからお金を徴収するのです。

勿論、バックエンドに膨大にコストがかかったITシステムが運用されていたり、コストをかけて、本当にあなたの為に投資をしてくれているのら適正価格も存在しうると考えます。

何もないのです。その人には。
そしてお客様であるあなたから、あなたにそれを適正であると洗脳し、その搾取した金額をまた懐に入れる。

結局はこの業界の人間はお客様をお客様と思ってはいないのだと私は思います。お客様と思い、日々感謝の気持ちが持てているのだとしたら、今の様な悲惨な現状は無かったはずです。

皆さんが初めてネットワークビジネスに入った時に感じた違和感。

それは正しいのです。

私たちはその様な狂った業界を撲滅して、その被害に遭われている難民の皆さんを救わなければなりません。

私はいつもその様に感じており、1人でも多くの被害者が実態に気付いて頂ける事を願っています。

次回は

ネットワーカーが大好きな言葉、権利収入について、その嘘を暴いて行きたいと思います。

最新情報をチェックしよう!